« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | スタートです »

2017年1月 7日 (土)

クラシック

仕事はじめになりました。

お正月はいかが過ごされましたか?

お正月イベントの一つに「クラシック音楽を聞く」があるかと思います。

年末だと第九、新年はニューイヤーコンサートがありテレビでも中継されます。

元日のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューイヤーコンサートが有名で今年は最年少35歳で選ばれたグスターボ・ドゥダメルが指揮でしたね。
定番の曲でも指揮者が変わると別の曲の様に聞こえますが、情熱的で音に深みがひきこまれました。
コンサートの中にバレエがとりこまれ今年は別録りではなく、観客席の通路で踊っていました。
このコンサートは2時間半もあり世界の90ヵ国以上で放映されたそうです。
→こちら

昨年の年末は歴史的天才バレリーナ、シルヴィ・ギエムの引退公演を大晦日に行い、代表作ボレロでした。
世界中のスターだったギエムの最後の舞台を日本で放送するなんてとんでもなく凄い事だとテレビにかじりついて見ていました。
→こちら

年末年始しか見られない素晴らしい作品が放送されました。

興味がない方は学校の音楽の授業で聞いた記憶ぐらいしかないかもしれませんが、クラシック音楽は副交感神経を優位にしますので様々な癒し、治療効果がありお店や病院、ホテルで取り入れられています。

適所では意図的にクラシック音楽を使用しますので、皆様題名は知らなくても耳に残っている音楽は多いはずです。


更に動物の精神を落ち着かせる効果もあります。

動物は言葉の意味は理解できなく、音のトーンや種類で判断します。
感覚に重きを置いて生きていますのでクラシック音楽に効果があるのもうなずけます。

退屈で眠くなる。
とよく耳にしますが、脳が興奮していたら目が冴えてしまいますのでそれも効果のうちですね。

この時期は普段よりクラシック音楽の情報が多く出回っていますから触れてみて、動物たちと一緒に聴いてみてください。

日本で演奏される曲目は聞き慣れたものが多いです。
古典がとっつきにくいならばディズニークラシックやミュージカル音楽もおすすめです。

ディズニークラシック
スターウォーズ
オペラ座の怪人
レ・ミゼラブル
トゥーランドット



2匹で布団を押しあって寝ていました。



« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | スタートです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413640/69145743

この記事へのトラックバック一覧です: クラシック:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | スタートです »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ