« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

私たちの小さなアイスショーへようこそ 振付、構成編

前回の記事の続きです。
構成、振付でご協力くださった方をご紹介します。

《ダンス指導、振付指導、構成指導》
TAKE先生
ホームページはこちら
TAKE先生は当店のお客様でダックスフンドを飼っています。
日本を代表する女性トップアーティストのpvに出演の他、名だたるアーティストとお仕事をされてこられました。ダンサー、振付、構成、モデル、ジュエリーブランドと多才なる経歴ののち
日進駅前にあるDANCESTUDIO S–coreを立ち上げ代表をされています。


今回のショーは魅せる演技構成を重視しましたのでテレビ媒体の感性をスケートに取り入れたくお願いしました。

トップアーティストとのコラボとなると凄まじい数の中から選ばれます。
容姿、技術はもちろんですが要求された課題を
直ちにに再現する能力が必要です。

元々スケートとヒップホップの違いはテンポと振りの量です。
実はスケートとは少ない動きでも正確にこなす能力が必要で、陸のヒップホップとは別物なのです。
その違いを理解して振付して頂けないと実際氷の上では音にあいません。

TAKE先生の凄いところは一度音を聞いて振りを
みただけで覚えてしまいます。
ただ手をあげるだけでも存在感と華があり空気が変わります。

振付には全て意味合いをつけて考えてくれますので感情をこめて踊れます。

今回は男子のメンバーが多かったのでTAKE先生のかっこよさにすっかり惚れ込んでしまいました。
指導してくださり構成のセンスが上がりました。



Img_5877


Img_5878
タンゴの曲調でしたので、カッコイイ振付をお願いしました。ポイント、ポイントにキメポーズをとりいれました。


Img_5876
ポップな振付で笑顔をふりまきました。

Img_5894
演技の中にストーリー性を表現しました。

Img_5851_2
お姫様の役でしたので姫らしい動きをとりいれました。


Img_5881
闘いが始まる予感のポーズです。


Img_5899
疲れたサラリーマンの動きです。

◆写真をクリックすると大きな画面でみれます
pc表示で見ると鮮明な画像でみれます



《バレエ指導、振付指導》
宇田川順子 宇田川バレエスタジオ代表
ホームページはこちら


当店のお客様ではございませんが私が10年以上レッスンを積んでいるバレエスタジオの先生が今回指導にあたってくださいました。

東京シティバレエ団で多くの舞台で活躍されたのちバレエスタジオを立ち上げ長年に渡り沢山の生徒を育ててこられました。

スケートで必要なのは体幹です。美しいポジションでバランスをとるにはバレエの要素が必要です。
スケート靴は足首が固定されていますから、爪先を伸ばす動きがなく、足や体の外側の筋肉に頼ってしまいます。
しかしバレエの姿勢をマスターすると上半身が引き上がりますので体の軸の重心を変えるだけで滑走ができます。
無駄な動きを使わないのでなめらかな滑りになります。

先生のレッスンにより動きから指先まで綺麗に見える様に修正していきました。
言葉数が少ない中で的確な指導。
少しのポイントだけで生徒の動きに変化をだせるのは長年の指導経験による物でした。

またフィナーレ、クリスマスナンバーと私の
火の鳥の振付も担当して頂きました。


Img_5893_2


Img_5880_2
ペアの演技でした。
バレエの要素を活かして美しく見える動きを習得しました。


Img_5891_2

火の鳥です。
幸せを呼ぶ鳥が舞い降りました。

私たちの小さなアイスショーへようこそ メイク・衣装協力編

11月3日に開催された
「Best time on the ice 私たちの小さなアイスショーへようこそ」
のお写真が出来ました。
詳しくはこちらの動画をご覧ください
カメラマンは昨年のアイスショーと当店の愛犬撮影会をお願いした井川俊彦先生です。

このアイスショーには当店のお客様もスタッフとして参加して下さり、当日来場して頂きました。

またフィギュアスケートを通し地域交流のきっかけも目的にしておりますのでこの場をお借りしてご紹介いたします。
動物とは関係のない投稿が続きます。ご興味ない方は申し訳ございませんが読み飛ばしてください。

本年のアイスショーはアマチュアスケーターによる物でした。

フィギュアスケートというと
「お金がかかる」「敷居が高い」「大人からは無理」と言われ懸念しがちです。
しかしそれは選手を目指す事を標準とした話です。
今回は私以外は大人からはじめた趣味の集まりでしたので、みんなで技術、知識を持ち寄り、純粋にスケートを楽しむ事でショーまで出来上がり、人と人との交流、絆ができました。

それではまずは舞台裏からご紹介いたします。


ショーとは様々な分野の融合です。
各プロフェッショナルが力をあわせて作り上げます。


〈メイクと衣装協力〉
永瀬博巳
アトリエ夢花


何回もご紹介しておりますが、当店のオープン当時からのお客様でございます。
永瀬さんは昨年ヘアメイクでご協力頂いた日進駅前、美容室Miss CROPのオーナー岡田さんの元部下で今回は岡田さん命令で任命されてしまいました。
本年度9月まで30店舗以上ある巨大サロン、UNIXの幹部役員で活躍されておりました。
美容の分野で手広く活躍している会社で、ショーメイクチームもあるそうです。

よく街の美容室で「カットモデル募集」とありますよね。あれはいわいる美容師のタマゴの練習台です。
一流のスタイリストになるまでにはすさまじい練習をつみやっとお客様の髪の毛を切れる様になります。

UNIXの場合は店舗と別の場所に研修センターがあり一般業務が終わったあとにそこでトレーニングをつむそうです。
メイクを希望のスタッフは研修センターにてあらたに習得できるそうです。
スタッフの教育環境が充実した会社なので、技術習得に専念でき幅広い分野に対応できるのかなと思います。

今回の様なショーメイクは出演者の個性の他、衣装や照明も計算します。
出演者はよく「原型をとどめていない」と言われる程塗りたくられ変わります。
遠くからみている観客からでもはっきりと顔が見える様にしなければいけません。
さらにライトに当たりますので顔が明るく見える様にします。
大きなメイクボックスが控え室に持ち込まれました。

Img_5820

仕上げは奥様の和代さんが入りました。
Img_5821
◆写真をクリックすると大きな画面でみれます。pc表示ですと鮮明な写真でみれます

ヘアカットも永瀬さんがしてくださいました。

みんなで練習している時は気さくでニコニコしている永瀬さんがメイクをしだすと一気にオーラが変わり貫禄が凄かったと出演者は驚いていました。


衣装、装飾はアトリエ夢花さんが担当しました。
夢花さんは長年生花、ブリザードフラワーの分野では講師として活躍された実績がありますが作品の幅をひろげる為にグルーデコも取り入れました。

フィギュアスケートのスピードのある滑りにおいて、キラキラはなくてはならない物です。

試合ですとジャンプやスピンが入りますので
演技の邪魔にならない装飾に限定されます。
しかしショーですと華やかに魅せる事が重要で立体的な装飾品も取り入れられます。
夢花さんはコサージュの技術もありますので衣装でも取り入れました。

実際リンクの練習に足を運び、出演者の滑りを見ながらイメージを膨らませていました。

ヘアも衣装も難題点は演技者がすさまじいスピードで滑走し、手足も上げ、クルクルまわり振り回される事です。
芸術性に加え動きやすさと強度が要求されます。

一流のアーティストは自分の作りたい物に固執するのではなく、要求された物に対して完璧にこなせるかが重要なのです。更に納期に応じた速さも要求されます。

今回出演者の衣装の原物が到着するのが遅く、(海外から発送される物が多いからです)それから夢花さんの手元にいきお直しとなると最後に到着した衣装は本番に間に合わないか?ぐらいギリギリでした。
しかし僅か1日であがってきました。

イベントにおいてトラブルはつきもので、
どれだけ念密に段取りを組んでも問題は発生します。
しかし「出来ませんでした」と穴を開けたら次から仕事のオファーはありません。
アーティストはその難関を通過できないといけないのです。

さて、魔法にかけられた出演者はこうなりました
Img_5822

ヘアカットも永瀬さんがしました。
骨格を黒く堅いイメージにメイクしました
グローブのキラキラがこだわりです


Img_5840
ベールと腕輪を夢花さんが作りました


Img_5827
永瀬さんはロン毛にこだわりウィックを買ってきてくれました。キラキラのリボンは夢花さんが作りました


Img_5836
滑っていて1番綺麗に見える袖の長さを何回も確認しました。

Img_5833
頭のウィックにはキラキラが入っています

Img_5824
緑のストールが身長にあう長さにする為に何回も調整し作り直しをしました。
ヘアカットも永瀬さんがしました。

Img_5831


Img_5835
胸、袖、背中にスワロフスキーを貼り付けました。
一つ一つ手作業です。
石の大きさ、輝きにもこだわりました。
夢花さんが実際舞台衣装を製作しているお店まで足を運び意見を聞き、追求していました。

Img_5829
火の鳥です。
袖と頭に羽根をつけました。

Img_5826
お父さんとお母さんに化粧をしてもらいました。
リンクに練習にくる時もダンス、バレエの練習もいつもお父さんが一緒に踊ってくれました。
衣装はお母さんが選んでくれました。
いつも親御さんに見守られている、愛されている子供達です。

◆写真をクリックすると大きな画面でみれます

続きましては構成、振付協力のお話です

2016年11月19日 (土)

ペッパーの冬支度

日に日に寒くなってきましたね。
公園は落ち葉で色が変わりました。

寒がりな私は家の中でも靴下を重ね、レッグウォーマー、タートルネックと完全防備、外に出るときは手袋をします。
体を冷やすと体の動きが鈍くなるので要注意です。

朝スタッフがそろそろペッパーにコタツをだしてあげようといいだしました。

「うさぎがコタツ?」と思いますか?
なぜならコタツはストーブより電気代が安く、安全だからです。

コタツをペッパー用に改造しています。



といっても父が作った木箱にコタツをいれて網をはっただけです



うさぎの注意点はコードをかじり感電する事です。予防策としてホースをかぶせました。
タイマーコンセントになっていて、ついたり、消えたり調整できます。



なんだ、なんだ、なにごとだ?
と不思議そうに見ているペッパーでした。

今晩から暖かく寝てね!

2016年11月16日 (水)

那須動物王国

那須動物王国が20日まで埼玉、茨城県民の方が半額です。

大人(中学生以上)2000円→1000円
子供無料
半額キャンペーン

那須動物王国は私たちの場合、研修の一貫として学校で行きました。
その後も何回も足を運びましたが、毎回少しずつ変わっていて飽きません。

先日ですが、お休みを頂き行ってきました。








カピバラとマーラが触れます





ウサギの触れ合いコーナー



羊が放牧され



感動したのは鷹の餌やりです。
対角線上にトレーナーさんがいて、笛をふくと鷹が行き来します。

印象的だったのはトレーナーさんがすごく鷹を愛くるしい顔で話しかけていました。
この様に毎日飛ばしてあげないと筋力が衰えてしまうそうです。
野生の動物を飼育するのは大変な事です。
ましてやお客様の前でご披露するには従順な性格に育てなければ危険です。
ここまで育てるのにどれだけ大変だったかと思いますが、動物に対して責任感のある眼差しと、愛しそうに話しかけるそのお姿を見て感動しました。



埼玉から車で3時間ぐらいです
途中にアルパカ牧場もあります
アルパカを見ると毛刈りをしたくなります。
アルパカ牧場にはダチョウがいて私はダチョウがお気に入りです。


2016年11月14日 (月)

走る

なんちは14歳、ルカは9歳です。

問答無用のおばあちゃんになりました。

骨格も顔つきも変わってきました。
よく寝て、呼んでもなかなかおきません。
頻尿になりトイレに連れていく回数も増えました。

しかしお散歩は大好きです。



遥か彼方にいても私に向かってダッシュ



そしてジャンプ



またまた走ってきて



ジャンプです。

仔犬の時は毎日ドッグランで走り回っていました。
遠出をしても走り回れる環境を見つけるとずっとはしゃいでいました。



生後7ヶ月までブリーダーでケージに入れられっぱなしだったルカは走り回れる事を知りませんでした。

なんちの後ろをずっとついていき、真似して覚えました。



今や新幹線の様に顔をつきだし凄いスピードで駆け抜けます。



たまになんちの動きをみては、近道を考える程の頭脳派です。



走るのは好きなので私が呼ぶとイヤイヤな顔で戻ってきます。

私がダッシュで隣で走ってもなんちとルカの方がはやく走れます。

高齢になってもこれだけの速さで走れるのは、仔犬の時から走る習慣をつけていたからでしょう。

注意)撮影した場所は私有地です。
公共の場ではリードをつけて散歩しています






2016年11月11日 (金)

蘇る その2

今日は天気が悪くお店がすいておりました。

時間に余裕がありましたので、白いペンキ塗りをしました。



掃除の水やらシャンプーの水しぶきで錆びついたトリミングテーブル
もう死滅状態です。
元の色すらわかりません。

先日ヤスリがけだけはしていたので今日はペンキから、、、

すいすい〜



半分終わりました。
4台目なので手際がよくなってきました



トリミングが終わったスタッフが参戦。
選手交代です。



楽しくなってきたらしく集中しはじめました。
しかも私より速い!!
さすが若者です!
新しい事をやるにも覚えが速いです。

話しかけても空返事しかしなくなり、私は退散。
昼ご飯を作りにキッチンへ



御飯が出来た頃には完成していました。

しかし乾いてきたらヤスリがけで落ちきれなかった錆びが浮いてみえます。
もう一度上から塗らないと、、、

ヤスリがけの大事さを痛感しました。
ペンキを選ぶ時に「サビの上からそのまま塗れます」と説明された商品もありこれは便利だと思わず手をだしてしまいそうになりましたが、ネットでよく調べるとヤスリで錆びを落として下さいと解説しています。

確かにヤスリがけで仕上がりの完成度が違います。
何でも手をかけ、時間をかけて作った物は違うのですね。

今日のまかないはロコモコです。
御飯の上にハンバーグと野菜、目玉焼きにチーズをのせて食べます。
ロコモコといえばハワイの食べ物です。

私はアメリカ領地の食べ物はあまり好きではありません。
作り方に繊細さがないので、ボリュームだけあり味つけが偏って感じます。

国民的に体が大きいので料理も大胆なのかなと考えていました。

しかし、バナナを皮ごと焼くという発想は日本には浸透されてなく、これは面白いと思いトースターで焼きロコモコに添えました。

ハンバーグのしょっぱい味に甘さが加わり斬新な味になりました。

一つ一つを細かく味つけするのではなく、食材と食材をあわせて味つけする発想はアメリカならではですよね。

食後は焼きまんじゅう。

私が焼きまんじゅうが好きなのですが、実はスタッフ全員焼きまんじゅうが好きな事が判明し争奪戦になりました。

群馬に行った時に買っていたのですが、イオンに売っていました。



がーん。
しかもお土産物より安かったです。

焼きまんじゅうばかり焼いているので、美味しい焼き加減がわかる様になってきました。

ふんわり感を残す焼き加減が美味しい様です

2016年11月 7日 (月)

蘇る

当店はフリーケージなのでお店のあちらこちらにワンちゃんがいます。

日々マーキング大会!

片手にモップとスプレーを持ちお掃除します。
一日の終わりにはお店の床を塩素で消毒し、水をまいて流します。
それを毎日する事により、感染と悪臭をふせいでいます。

しかし水撒きのせいでトリミングテーブルの脚が錆びていました。

お写真や動画に錆びた脚が映るのが気になっていました。

そこで閃きました



錆びた所を



ヤスリをかけてツルツルにします



水性のペンキを塗りました。



新品の様に蘇りました。

こんなに綺麗になるならもう少しはやく気がつけば良かったなと後悔しました。

トリミングテーブルは全部で5個あるのであと4個。
スタンドドライヤーが2個で計6個塗れます。

やっと塗装の要領を覚えてた頃に塗る物がなくなってしまいますね。

2016年11月 4日 (金)

放送されました

jcomの地域紹介番組にてアイスショーの様子が紹介されました。
ニュースのひとこまでちょっとですが、、、

ご協力ありがとうございました

アイスショーの様子はこちらからみれます
注意)テロップに誤りがあります。インタビューされている男性は出山薫くんです

Img_5814_2


2016年11月 3日 (木)

jcom 放送のお知らせ

本日のアイスショーありがとうございました。
橋爪良介がリハーサル中に転倒し8針を縫う怪我をし、急遽病院に行くアクシデントがありました。
棄権となり、演技の一部が変更となりました。

穴が開いた演技をみんなでつなぎ、リンク友達が本番3分前にでてくれました。

完璧な演技をご披露できなく大変申し訳ありませんでした。

本日のショーは明日のjcom のデイリーニュースでちょこっとですが放送されます。

スケートをはじめたきっかけとどんな想いで
開催したかという内容の取材でしたが、
フィギュアスケートを通じて皆様が楽しんで
欲しいという思いです。

今回も当店のお客様にスタッフとしてご協力いただきみんなで作り上げました。

ペットを通じて、人と人との出会いがあり、一つの事が出来た事を感謝しております。

jcomチャンネル埼玉
11ch
デイリーニュース
11月4日 放送 17:00〜17:19 生放送
22:00〜
23:30〜 再放送










橋爪良介
負傷により棄権となりました。
申し訳ありませんでした

来場してくれた方々に配ったクリスマスプレゼントです。
サプライズプレゼントでした。

一番楽しみにしていたサプライズです






2016年11月 2日 (水)

アイスショー明日開催します

Best time on the ice
小さなアイスショーがいよいよ明日開催されます。
アイスショーのご案内
衣装合わせ、リハーサル、打ち合わせも終えて本番を待つのみになりました。

今回のショーの趣旨は皆さんに楽しんでいただく為に行います。
演技中の撮影も可能です。
ショー終了後、来場者が氷におりて記念撮影の時間があります。
カメラをお持ちになり、お気に入りの衣装をきた出演者がいたら声をかけて下さい。

リンクはとても寒いです。
真冬の防寒着をお持ち下さい。

入場無料でどなたでもお越し頂けますが、お席は招待客のみでチケットがない方は座れません。
立ち見となりますがご了承下さい。

明日はjcomの撮影クルーも入ります。
カメラが映る位置にいらっしゃり、撮影がNGの方はディレクターの方に拒否をお伝え下さい。
プライバシー保護の為、リンク正面の壁にある鏡に全て布をはり、観覧者のお顔がカメラに写り込まない様にいたします。

お気づきな事がございましたかお申し出下さい。

当店からも沢山の方がきて頂き大変感謝しております。
明日よろしくお願いします。



子供たちはも登場します。
お楽しみに。


メイク担当、永瀬博巳さんのお家でカットしてもらっています。

小笠原大悟

2016年11月 1日 (火)

新しい友達 2

なんちとルカ、2匹で散歩に行きました。

家に到着すると、、、、

友達も2匹です。


あれ、またいる。
しかも仲間をひきつれている。

一瞬戸惑うルカちゃん



うーん。
悩んで私に助けを求めてきます



自ら近づいてご挨拶



なんちも一緒にご挨拶



よろしくね。

仲良くなった様です。

よかった、よかった。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ