« 小さなアイスショー 出演者&スタッフ | トップページ | アビちゃん »

2016年10月25日 (火)

もうすぐ本番です

11月3日 埼玉アイスアリーナで開催する小さなアイスショー「Best time on the ice」まで10日がきりました。

当店でも多くのお客様に声をかけて頂き大変感謝しています。

私以外のメンバーは大人からスケートを始めています。
子供から始めると氷の上に恐怖感がなく習得していきますが大人は一つ一つを頭の中で組み立てて理屈で覚えていきます。
コツコツと努力して完成させるしかありません。

私は小学生でスケートを始め思春期にはスケートが嫌いになりました。
まわりのみんなは遊んでいるのに、私は朝5時に起きて夜まで練習し、学校でもとにかく眠くて授業はひたすら眠気と我慢。
体調も悪くなり思い描く様にジャンプもとべなくなり
これいつまで続くのか、どうやったら練習が楽しくできるのかを真剣に考える様になりました。

辞めると決めた時に「辞めちゃダメよ」と言って下さる方もいたのにその時は早くこの生活から逃げたくてリンクを後にしました。
でも普通の生活は夢みていた物と随分違く、どうやって時間を使えばいいかわからずとても困惑したのを覚えています。


大人になり月日は流れ、動物達と暮らす事が私にはむいていると思いケイドックを始めました。
移転してスタッフも成長しお客様からは「もう天野さんがいなくても大丈夫じゃない?」とご意見を頂く様になりました。
実際私が裏方にまわっても御来店頂くお客様は増加傾向にありました。

そろそろスタッフは私を追い抜いたなと感じた時期に近所にスケートリンクができ今のメンバーと出会いました。

みんな社会人ですので忙しく働いています。
2時間かけてリンクに練習しにくるメンバーもいれば、平日は夜中近くまで残業したり、夜勤をしたり、、、

リンクで集合して練習すると疲れで明らかにフラついていたり、振りがとんでいて「大丈夫かな」と心配するのですが、誰も愚痴もリタイアもせず練習していました。

時に県外の空いてるリンクにみんなで練習にいくと、誰もリンクから一向に上がってこず、御飯の時間も惜しんで練習していました。

仕事で忙しい、忙しいというわりには教わった事を次にはきちんとマスターしてくるので、みんな言わないだけで練習しているのだなと思っていましたが、やはりプロの先生は多くの生徒を見てきていますのですぐにわかります。
「本当によく練習する子たちね、、、」
振付の先生は言ってくれました。

勝ち負けを競ったり、華やかな舞台には揉め事はつきものです。
自分が一番と信じて練習しないと上には行けないので当然ですがこのメンバーはコツコツと自分の役割を練習する事に集中する気質で他人を悪く言わないので、少しの事でも話し合いみんなで作り上げる事ができました。

私が選手の時「どうやったらスケートが楽しくなるのか」の答えが出せずに終わりました。
でもこのメンバーと練習してそれがわかりました。


スケートが純粋に好きで自分達も楽しんでまわりの人たちを楽しませたい。

この9ヶ月間その為だけに仕事の合間をぬった僅かな時間を全力で練習してきました。

技術はアマチュアレベルですが、来てくださった方々の為に頑張ります。















« 小さなアイスショー 出演者&スタッフ | トップページ | アビちゃん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413640/68100422

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ本番です:

« 小さなアイスショー 出演者&スタッフ | トップページ | アビちゃん »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ