« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

ドッグショーの魅力


こんにちは。スタッフの榮野です。
前回からかなり時間が空いてしまいましたが、今回はドッグショーの魅力とは何か?のお話です。

そもそもドッグショーとは、純犬種の見本展示会のようなもので、各犬種ごとに定められている理想像(スタンダード)に、出場した犬がどれだけ近いかを審査する品評会です。

スタンダードは、骨格、体高、毛色、模様の入り方、眼や鼻の色や形、歩き方、性格など犬種ごとに細かく定められています。




うちの愛犬ファイトはパピヨンですが、スタンダードより体高が大きいので規格外です。

出場する犬は、それぞれ最高のコンディションになるよう日々丁寧に手入れされており、図鑑で見るような美しい犬がズラリと登場する様子は圧巻の光景です。

ショーで犬を引く人(ハンドラー)は犬の魅力を最大に引き出すために工夫して歩かなければなりません。これが本当に難しい…
犬を飼っている人(オーナー)とトリミングをする人(トリマー)とハンドラーは違う人のことが多いですが、
日常の世話からトリミング、ショーでのハンドリングまで全て自分で行う人もいます(オーナーハンドラー)。
それぞれ1つのことをこなすのにも時間と努力が必要になり、ハンドラー、トリマーはそれ1つで職業として成り立ってしまうのですが、これを1人で全て行ってしまうというのは…どのくらいのことだか、私にも見当がつきません。それだけ情熱と愛情が無ければ出来ないことだと思います。

カットの違いも初めは驚きます。
普段はテディベアカットで丸くかわいくされている方が多いプードルは、ドッグショーで見ると顔にバリカンを入れたラムクリップというスタンダードのカットで出場しています。
一方シーズー、マルチーズ、ヨーキーは全身の毛を床まで伸ばした姿がスタンダードです。
以下のリンクでスタンダードな姿を見ることができます。

プードル

シーズー

マルチーズ

ヨークシャー・テリア

シュナウザーやテリア種は特殊な毛の手入れをすることでバリバリの硬い毛を作らなければなりません。いつもバリカンで仕上げている子とは毛質が全く違います。
スタンダードなカットはその犬種の体質、古来からやっていた仕事に合うように作られたカットです。しかし何より手入れが大変。ショーでの美しい姿は本当に日々の努力の賜物なのです。

ドッグショーに出ているワンちゃんは写真を載せられないので、是非近くでやる時に見に行ってみてはいかがでしょうか?
大きいショーは東京ビッグサイトで行われますが、秋頃には埼玉で1番大きいドッグショーの埼玉インターが吉見総合運動公園で行われますよ!

2016年9月25日 (日)

いらない物は捨てましょう!

前回は購入した物を紹介しましたが、物が増えるばかりでは生活がスムーズにいきません。

「断捨離」という言葉が流行った様にいらない物は羞恥せず潔く捨て、本当に必要な物だけ生活に取り入れると
運気も上がり良くなるそうです。

昔からあった物で「これは必要かな」とダラダラと手元に置いておいても、文明は日々進化してより良い物が安くでています。

結局昔買った物が使わずに置いてあり、それが居住スペースの邪魔になり煩わしく振り回される無駄な時間が増える事になります。


こうゆうのは自分1人ではなかなか決心がつかない物ですが、誰かに「捨てちゃいなさい、もってても意味ないから」と背中を押されと一気に捨ててしまう物です。

そう、思い立ったが吉日なのです!

昔の携帯電話やタブレットもデーターが必要かとその時はとっておきましたが、今となってはクラウドサービスがありデーターが全部保存されてしまいます。

そうなるとこれも捨てていいのか!と思いゴミ箱行きへ、、、

コンピューター、通信関係は日々進化し、一度性能のいい物を手にとると元のは使えませんよね。

洋服も安く買える時代でシーズンごとに買い足してもさほど負担になりません。

そうなると手元に置いておくのは数が少なく、自分が本当に大切な物だけにすると生活がよくなるという考え方がもっともですね。

獣医療をみていても、本当に日々進化しています。
ありとあらゆる場所でセミナーが行われ最新の治療法や新薬が開発されています。

しかし自分のペットにあったたった一つの治療法が当てはまらないと一つの命を救うには全く意味がありません。

ごちゃごちゃ余計な治療やしてしまうと、それが副作用になり体力を弱める事になってしまいます。
関係のない知識を聞けば飼い主さんは迷いとなり不安を煽るだけです。

そう考えると自分のペットを守る為に本当に必要な物は何か真剣に考えて実行しなければいけないなと思う今日この頃です




よく家の中を見渡すといらない物が沢山ありました。
月曜日と木曜日は燃えるゴミ
金曜日が燃えないゴミです。
その日に捨てようと思います

そうすればもっと部屋がスッキリして、動物たちと遊べる場所が増やせます。

2016年9月20日 (火)

加わりました

新しい仲間が加わりました



シュナウザーのしゅんくんです。



キャバリアのキャッシーちゃんです。

新しい看板犬に仲間入りして入口にて皆様をお出迎えします。

置物ですがよろしくお願いします。




撮影会にいらしてくれた方に「こぐまちゃん」とあだ名をつけられて呼ばれていました。言われてみたらこぐまに見えてきました

2016年9月18日 (日)

親バカ撮影会

井川俊彦先生の撮影会になんち、ルカ、ペッパーも参加しました。

なんちはリボンとバンダナをプレゼントしてもらい、それをつけて撮影しました。
ありがとうございます。





そのリボンをポメラニアンのポホちゃんもつけて撮影!



ウサギのペッパーの洋服はスタッフのお家からもってきました。


サンタの洋服はスタッフ愛犬もなかちゃんの物です。この日のために洋服を買い、結局お母さんはリボンを5個つくりました。



いつも二階にいるルカちゃんは今日の騒ぎは何だ!と不思議そうでした。


ペットと過ごした楽しい日々の一コマを記念に収めたいという、この企画は完全に親バカですね。





私の両親もきて一緒に撮りました。
「自分のペットや子供が可愛いと思っているのは世界中の全員だから恥ずかしいからあまり言わない方がいい」と両親から注意されるのですが、親バカ状態になっていました。

なんちは14歳、ルカは9歳になろうとしています。
特になんちはあと何日一緒にいられるのだろうか考える時が増えてきました。

生きていると毎日新しい事がおきて、日々新しい出会いがあり状況が変わると共に記憶は消されていきます。

しかし写真を見ると昔の記憶が鮮明に思い出す物です。
その時に起きた事は絶対に忘れません。

大切な思い出をずっと胸に留めておけるのが写真です。

過去を振り返った時にこんなに親バカなんだと自覚し、ペットがくれた幸せな日々を思い出させてくれる企画でした。

2016年9月 8日 (木)

親バカ最強軍団

いよいよ井川先生の撮影会がやってまいります。

トリミングのご予約をお断りさせて頂き申し訳ありませんでした。

今回の撮影会ではなんち、ルカ、ウサギのペッパー、スタッフの愛犬もなかちゃんも参加します。

冷静でいようと思っていても堪えられないこの想い。

「うちの子って可愛いな〜、写真映りもいいんだろうなぁ〜」

ほとんどの飼い主さんがそう思っているに違いありません。

お店の商品のためのカタログを見ていても「これってうちの子に似合うんじゃないの?」と会話がとびかいます。

そして、、、

宅急便さんが袋を運んできました。

開けてみると、、、






ハロウィンの飾りに似合います。
思わず買ってしまいました。

仕事後の事務所は大騒ぎでした。

もなかちゃんは袴を買い、お母さんが手作りで4つもリボンを作ってスタンバイしているそうです。

4つ付ける訳ではなく、どれが一番似合うかを試す為だけに作ったそうです。

このお店は最強の親バカ軍団です




« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ