« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

飯能の旅withなんち、ルカ

前回のブログの続きです。

お昼を食べ終わってから
飯能にある「あけぼの子供の森公園」に行きました。

ここはまさに「ムーミン谷」世界を再現した公園です。

しかしムーミンのキャラクターがいる訳ではなくムーミン一が住む「谷」をイメージして作られたそうです。

公園の中にムーミン一家のお家があります。

そしてムーミンは「カバ」ではなく「妖精」なのです。

自分はフィンランドの妖精のムーミン一族の気分になり歩いてみました。

テンションは上がり女性陣2人でムーミンのお家に入りました。





ムーミン一家になりきり、、、


くつろぐムーミン



はしゃぐムーミン


キッチンも暖炉もあり
家族が集まり寒い冬も温かく過ごせる
理想の家です。


地下にはプレイルームの様なスペースがありました。



こんなにお家の中で冒険出来たら
家にいるのが楽しいですよね。



女性陣がこんな事をして遊んでいる
間、「くろまるパパ」は犬当番、、、

はしゃぐ私達を笑顔で見守ります。
家族を愛し、犬を愛する
まさにムーミンパパは
世の妻の理想の優しいパパです。

そんなパパを激写(^^)




パパ頑張って〜


公園はそれほど広くないですが、
犬を連れて散歩すると所々に
オブジェがありました






フィンランドと言えば森に覆われて
「ムーミン」「サンタクロース」「オーロラ」「犬ぞり」が浮かびます。

フィンランド人は冬は雪や氷に覆われソリやスキーやスケートやと
ウインタースポーツをして
楽しむそうです。

夏も湖畔で自然の中で過ごし、
美しい建築物も多く
夢がある国ですね。

いつか行ってみたいです。

飯能市はフィンランドの何処かの都市と姉妹都市なのかと思いきや
市議会議員さんの夢のアイディアで
この公園の建設が実現されたそうです。

「ムーミン」は世界中の人々に愛される夢のあるキャラクターです。
ディズニーもハリーポッターもそうですが、子供から大人まで愛され続けてます。

この公園は無料なので
夢のある空間を散歩コースに出来るなんて飯能市は贅沢ですね。

週末になると親子連れがシートを敷いて、遊んでいるそうです。

アニメや絵本でその世界観を感じるより、実際の空間で体験する程
子供達の感性を磨く物はありません。

この公園はペットにも子供にもオススメです。

最後に
「みちのくファーム」のおやつ工場に連れて行ってもらいました。

小売販売もしていて、連れている
愛犬に試食がもらえます。
「こんなに大盤振る舞いでいいのか?」というぐらい次から次へと
試食を食べさせてくれて、
なんちもルカも手で押さえながら食べていました。

くろまるファミリーは散歩がてら来てオヤツを買うそうで、オススメの
オヤツを説明してくれました。

お店においたら皆さんが喜びそうな
商品も沢山あったので、入荷を
検討しようかと思いました。

ここだけ仕事してきました(笑)




天気も良かったので一日遊びなんちもルカも疲れて帰ったらグッスリ寝てしまいました。

日高&飯能は自然に囲まれて、
私もなんちもルカも憧れの場所になりました。
くろまるファミリーは地元の魅力を満喫し生活していて素敵です。




とても良い所なので皆さんも是非行ってみて下さい

2014年9月27日 (土)

日高への旅withなんち、ルカ

昨日はお休みを頂きました。

病院でなんちの傷も
みてもらい許可が降りたので
以前からお約束していた
日高&飯能の旅に行ってきました。

日進時代から来て下さっている
シュナウザーの「くろまる、ビオラファミリー」が日高に引っ越しされたのですが今もわざわざ来て頂いていまして、よくお話を聞いていました。

なんちの事があったので
心配して下さっていたのですが、
いつまでもメソメソしているわけにはいかないので旅にでました。

当店も県外からきて下さる方も
市内、市外から来て下さる方も
いらっしゃいまして、
私はポスティングついでに
よく自転車で道を走ります。

当店を選んで下さるという事は
お家の玄関を出た所から
お時間を使って頂いています。

忙しい生活の中動物にかけれる時間は限られています。

来られる距離を自分の足で走る事で有り難みを感じられます。

私達のお店のサービスは至らない所が沢山ありますが、感謝の気持ちは
持ち続けていたいです。

今回も16号の渋滞を走りながら
日高に到着しました。

いつも「全然遠くないよ!」と笑顔で言って下さるのですが遠いです!
感謝、感謝が身にしみました。

まず巾着田で集合!!

お店であうくろまるくん、ビオラちゃんと違い元気で自己主張します。
やっぱりお出かけは大好きな様です。











今は彼岸花が見所で公園一面咲き乱れていました。

彼岸花は悪い意味合いがあり
嫌う方も多く、お写真を使うのも
考慮が必要な品種です。

しかし巾着田はテレビにとりあげられるだけありもう芸術です。
観光バスや駅からすごい行列で
悪い意味合いを吹っ飛ばし、
美しい物に変わっていました。

私も写真を撮り幻想的な世界にひきこまれました。






隣はコスモス畑です
ここはメルヘンチックな空間です。
色とりどりで興奮しました。





その横が蕎麦の花が咲いてました。
この花は少し匂いがありますね。






お花畑の連続でテーマパークにいる
様です。

くろまるファミリーの自宅はご近所らしくここが散歩コースだそうです。

こんな美しい物を毎日見れるなんて羨ましいです。

「自慢の散歩コース」を紹介してもらいました。

ランチは犬と入れるレストランへ
テラス席でみんなでランチしました。

「女性の話は長い」と私も例にもれずいつも喋っているのですが、
くろまるファミリー夫妻は歳も同じなので
旦那さんも混じりいつも
三人で盛り上がります。

そんな飼い主達を横目にいい子に待つ愛犬達、、、














お腹もいっぱいになり次の場所へレッツゴー

巾着田は今週末が見所なので皆さんも足を運ばれてみたらいかがですか?

続く

2014年9月24日 (水)

ピーピールカちゃん

ピーピールカちゃん
ピーピールカちゃん
ルカのあだなに「ピーピールカちゃん」というのがあります。

なんちがいると二番煎じなので
控えめなのですが、
実は自己主張が強いです。

ご飯を食べたいと器を手でひっくり返し、大きな音をだしてこちらを見ます。

もらえるまで何度もやります。

この行動はうちに来た時から
既にやっていました。

ブリーダーでケージに入れっぱなしだったらしく餌も殆どもらえていなかったので沢山いる中で餌をもらえるには音を出せばいいと考えたのでしょう。

留守番させていて私が帰ってきても「ピーピー」と泣きながら
部屋の中を走り回ります。

嬉しさと不安の興奮がピークなのか
なぁと思います。

お腹を壊してトイレが我慢できない時も「ピーピールカちゃん」になります。

トイレに行きたいと鼻をならすのは
犬の性質でやる子は多いです。

「ピーピールカちゃん」と
呼ぶと満足げにこちらを見ます。

呼びやすいし私もこのあだなは気にいっています

2014年9月21日 (日)

アトリエ夢花

私がお願いしているお花屋さん
「アトリエ夢花」の
お花を紹介します。

画廊のブリザーブドフラワーや
入口のブーケも
夢花さんの作品です。

贈るコンセプトにあわせて
オリジナルでお願いするのですが、
送り主のイメージや
メッセージを伝えると
それをお花で表現してくれます。

私はお花の世界はよくわからないのですが、花夢さんのお花をプレゼントすると
「すご〜い、豪華」と喜んでくれます。

お花を贈られて喜ばない人はいませんよね。

手にとった瞬間
「きれ〜い」と笑顔になるのが
お花の役目ですが、
作るまでに、技術と経験が必要ですし、
贈った時に花が1番綺麗な瞬間を
あわせないといけないので
その花の性質も知らないと
いけません。

一本、一本違うので
動物と似てますよね。

私は綺麗な時をずっと味わっていたいのでブリザーブドフラワーを
お願いしています。

お店にも飾ってありますので
来店された時は是非みて下さい







2014年9月19日 (金)

美しい花

なんちの重い話が続いてしまったので、話題を変えて
私が撮った花の写真をご紹介します。

私の腕前は下手ですが花を撮るのが好きです。

花は美しいですよね。

道端に何気無く咲いている花は
凛として、せわしく生きる私達を
見守っている様です。









2014年9月18日 (木)

ご心配をおかけしました

なんちの手術が無事終わりました。



ご心配をおかけしてすみませんでした。



腫瘍は足の付け根にできまして、

根が深い種類なので、2cmの深さ

筋肉ギリギリまで削りました。



大動脈にぶつかる位置なら

切断も考慮されたのですが、

運よく回避できました。



年齢も12歳ですし再発もあるのですが今の状況で最善の処置はできました。



そもそもこの腫瘍に気がついたのは

三週間ぐらい前で

蚊に刺されたぐらいの大きさで

腫れた感じだったので、ダニにさされたのと区別がつきにくいぐらいでした。



でも日によって微妙に形が変わっていたのでおかしいなと思いました。



なんちはよくお腹をだして

「なでて!」とやるし

毛が短いので発見できました。



しかし毛が長い犬種は

発見がしにくいと思います。



私達がトリミングさせて頂く時

ずっと体を触っています。



水でぬれていると地肌が見えやすいし、ドライヤーで乾かしている

時も毛がかきわけられるので

わかりやすいです。



見逃さない様に注意しますし、

少しでも気がついた事があったら

飼い主さんにお伝えしています。



日々任して頂いている私達の仕事の

責任の大きさを改めて感じました。





今回のなんちの腫瘍は専門家の方からみたら判別出来ますが、

一般の飼い主さんから見たら

虫さされと判断してしまう方も

多いでしょう。



しかし命を脅かす程の

悪性腫瘍だった事にぞっとしました。



その日の朝差し入れついでに病院により「なんちのお腹に何か変な物があるの~」と

ついでのつもりで診察してもらったので、こんな事になると思いませんでした。



病院で定期的に健康診断して頂くのは大切だとシミジミ思いました。



なんちと一緒にいれる残された時間を大切にしていきたいと思います。



お見舞いになんちにパウンドケーキを焼いてくれました。
感激しました。
励ましのメールをくださる方もいて
ありがとうございました。
ケーキは術後ペロッと食べてしまいました。

気を使わせてしまい申し訳ありませんでした。

2014年9月16日 (火)

明日は、、、

なんちの足に悪性の腫瘍が出来ました。

明日は手術です。
腫瘍をとって
検査センターへ送り
専門家の方にみてもらいます。

なんちは分離不安症があり
私と一心同体で生活してきました。


お別れするのは
自分の手を半分もっていたれた
気分です。

なんちは看板犬としても
スタッフや多くのお客様に可愛がってもらいました。

治療を受けてくださる立場を考えたらプレッシャーはすごいと思います。

病院で診断を聞いた時
私は泣いてしまい
先生の話を殆ど覚えていません。

治療方針を選ぶのは飼い主の私ですが、
その場にいた全員が嫌な顔一つせず
手術をした方がよいと言ってくれました。

知り合いのドクターに相談しても、
した方がよいと教えてくれました。

皆さん優しいので、
随分と私に気をつかってくれているんだなとわかります。

今日獣医さんは腫瘍の専門家の先生の所にいき
治療法を相談してくれました。

なのでこの選択は
私となんちが一日でも一緒にいられる為の最善の選択なんだと思います。

残された時間が
僅かで終わってしまうのか、
もう少し時間をくれるのか
神様にしかわかりません。

もし明日死んでしまっても
これが運命だったのでしょう。

今はまだ目の前にある命に対して
最善を尽くすしかできません。

お騒がせ、ご心配をおかけしてすみません。

今日は圧力鍋でお肉、お魚、豆を煮て栄養たっぷりのご飯をつくりました。

今晩から絶食、絶水になるので
水分をとらせる様にスープにしました。

なんちにまぎれてちゃっかり
ルカも食べていました。

明日なんちはがんばってきます(^^)



レタスが高い

最近野菜が高騰していますね。

野菜売場で買う物を悩んでしまいます。



ガメラの大好きなレタスが値上がり

していてビックリしました。



夏は98円だったのに~





そんなガメラに小松菜やキャベツをあげてみました。

レタス程駆け寄ってきません。



新しい種類の野菜をあげると

しばらく様子を見てから食べはじめます。



一度覚えると反応が早くなります。



亀のどの様な特質からこうゆう行動がでるのかな?



と調べてみましたが

亀は嗅覚がよくて嗅ぎ分けられる

そうです。



野生に生きている場合、

食べて良い草と

食べたら害になる草と

あるわけで、選んで食べれるので

種が生存しています。



人間は視覚的に同じ鮮度でしたら

草を食べわける事はできないですよね。



私なら間違えて毒性のある草を食べて死んでしまうでしょう。



その観点から考えると

ガメラは私より賢いですね。







2014年9月14日 (日)

なんちのこと その2

なんちは捨て犬の雑種です。

田舎の方ですと、雑種は外に繋がれて番犬として飼われている子もいます。
餌は家庭の余った物を食べさせているお宅もあります。

うちの家族やまわりでは
「なんちは雑種なんだから体も強いし病気になってもそんなに治療しなくていいのよ」
「雑種らしく自然のままに飼えばいいのよ」
「病院に無理に連れてストレスになるなら行かなくていい」

「10歳こえたら犬は寿命なの、諦めないなさい」
なんて言っていました。

しかしいざ病気になったら
「えぇ?」と思うぐらい言う事が
変わります。

「こんな美味しくないフードじゃなくてもっといいのに変えてあげて」
「体にいいご飯作るから肉買ってきて」
「治療して治るならお金なんか関係ないからやりなさい!」
「病気なんだからもっと可愛がってあげなさい!」

と、、、

「なんちにそんなにかけるお金ないよ」とちょっと言ってみたら
「ケチケチしてんじゃないわよ、この前あなた洋服買ったでしょ、それもう我慢しなさい」と私の私物をカットされました。

我が家はいつもやる前は腰が重いみたいに言ってますが行動にうつすとビックリするぐらい早くかつ始めと話が変わってきます。

なんちからしたら
理由がわかりませんから
ある日突然チヤホヤされたなぁと
思っているに違いありません。

犬は群れでなりなっていますから
上下関係は病気は関係なく死ぬまでその本能に支配されています。

人間の感情の変化で
しつけが変わってしまいます。

そうは言っても
人間にとってはペットは可愛いのです。

病気になって平常心でいられる人は
いないです。
甘くなりますし、うちの場合は特に酷いです。

こうゆう時に犬と人間の性質の違いを感じますね。

犬より人間の方が知能や感情は発達していますから、一つの出来事で膨らむ感情も大きく犬のルールで接するのは難しいですね。

犬が寄り添ってくれる毎日の時間は
幸せです。
なんち、なんちとばかり言っているとルカがいじけるので
気をつけないといけないと思う日々なのでした

おまけですが
私は昨日から原因不明の腰痛になりました。
踊ってもないのになるのは始めてです。
ストレスで腰痛になるのでしょうか?



2014年9月13日 (土)

なんちのこと

なんちの具合が悪くなりました。

情けない話ですが
いつもお店ではお客様のご相談にのりチャキチャキしているイメージなのですが、私も人間なので自分の事になるとただの患者になります。

病院でも先生がオロオロするぐらい泣き、治療方針も自分で決められないし、家でも窓ガラスが音で割れてしまうぐらい泣いてしまい気がついたら朝でした。

今思いかえすと、
「あの時症状がおかしかった」と
気がついていた事が沢山ありました。
普段なら飼い主さんに
「おかしいですよ」と気がついた事をお知らせしています。
しかし自分の場合
「そうあって欲しくない」という
願望が働いてしまい
全く冷静に見れない物なんだと思いました。

結果的にその感情は処置を遅くするので、自体を悪化させます。

皆さんが病院へ行って後に
私に話を聞いて欲しいとこられる
気持ちがわかりました。


「天野さんはなんちが大好きだから何かあったらまずい」
と言われつづけ
誰しもなんちより私の方がまずいと危惧していた様で
もう慰める言葉を用意して
いたかのごとく励ましてくださり、
頑張らないといけないと思いました。

とっても悲しい事があり
私は皆さんのお話を聞いてあげる事しか今まで出来ませんでした。

「外に遊びに行きなよ」
「もう一頭飼いなよ」とアドバイスはしますが、
積極的な行動をうつす力は
落ち込んでいる本人にはありません。

前向きに自分の力で出来るなら
落ち込んでいませんから、、、

ですから家族や友人が
無理矢理にでも行動にうつして
流れを変えていくのが良いと思います。

ご家族でのご相談の場合
お母さんと子供達は泣いていて、お父さんが決定して強行的に行動にうつしてしまうケースが多く、結果的にそれでおちつきます。
こうゆう時に男の人の力は大きいなといつも思います。

近くにいる存在の人は大きいですし、共に歩んだ人にしか
わからない事、慰められない気持ちもあります。

なんちを飼う事で出会えた方々、
私だけだったら体験できなかった事はかけがえのない物だなと
つくづく感じました



2014年9月11日 (木)

猫カフェ

震災の時にボランティアをさせて頂いた「アニマルエイド」さんに
「猫カフェ」があります。

お茶を飲みながら里親を探せるシステムです。

そこの猫ちゃん達のお世話をたまに
させて頂いたのですが、すりよって近づいてくる子や遠く離れた場所から眺めている子、仲間と寄りそっている子などなど性格がはっきりわかります。

里親になる前にくつろぎながら猫とふれあい、ご家庭にあう猫ちゃんを
見極められてよいですね。

猫の殺処分の数はなかなか減りません。
繁殖力が強いですから数が増えてしまいます。
その為避妊、去勢を強く推進していまして動物病院でも殺処分を減らす意味合いで猫の避妊、去勢手術の値段を安く設定してくださっている先生もいらっしゃいます。

先日も私が運転していたら
道の真ん中に車にひかれた猫がいました。

その様な姿は犬より圧倒的に多いです。

安全で自分が行ける場所ならば、これ以上車にひかれない様にすみに避けるのですが、まだ体が温かい場合の方が多く、首輪がついていないので「この子は飼い猫かな?、野良猫かな?」と悩むとすぐに保健所に電話するのを悩みます。

私だったら自分のペットが突然いなくなかったら慌てて探してしまうからです。

今飼い主さんがこの子を探しているかと考えると
動物も人間も双方辛い思いをします。

共存しつつ幸せに暮らせる社会が
くる事を願います。


「アニマルエイド事務局日記」



2014年9月 8日 (月)

入口を増やしました

入口を増やしました
「お知らせブログ」でご紹介しましたが、受付を改装しました。

受付の際にお待たせさせてしまう
事が多く、何とか改善策はないかと
売場の棚を壊してしまいました。

今までご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

受付が二箇所になったので、お客様にご不便ない様に努力いたします。


話は逸れますが当店は木の作りです。

実はこれはうちの父が作りました。

ウサギ小屋も画廊も父が作ってくれたのですが、
うちは女系家族なので
子供の時から家族中
何でも父に
「あれもやって、これもやって」と頼み
「人使いが荒い」とブーブー言っていますが、聞いてしまうんですよね。

まわりからは「こんなにお父さんが優しかったらロクな大人にならない」と言われ続けたのですが
現実そうなってしまいました。

父の本職は大工でもなく全く別なのですが、内装工事は趣味の様です。


このお店は築28年の住宅でして
お店部分とペットホテルの内装工事は防音設備が必要なのでプロの友人が作ったのですが、事務所、キッチン、自宅部分は父が作りました。

全て身内の手作りです。
私は「動物と過ごしやすい環境」と意見はそこしか出していず、
内装は父と友人が現場を見ては
壊して、作りと、築28年のボロ屋を
見事に蘇りらせました。

プロの方からみたらチグハグな建物ですが、それも愛嬌という事で
お許し下さい

2014年9月 7日 (日)

食中毒

先日生牡蠣を食べたら夜中に吐き気がしてきました。



世の中がグルグルまわってきて、

関節は痛いし、下痢もしてきました。



「これは食中毒か!」

と焦りました。



私は魚介にあたりやすく

ハマチを食べたてあたった時はバケツに吐き続け、



スタッフとアジを食べた時は

私だけ下痢をして苦しみました。



1番辛かったのが

貝を食べた時にのたうちまわる程痛くて救急車で運ばれました。



しかし私はなるべく救急車に乗りたくありません。

私の持病は専門医しかわからないので搬送先が見つからないからです。



痛いままストレッチャーの上で

じっとしているから

家で「痛い、痛い」と叫びながら

自分が楽な体制をしていた方が楽なのです。







時代劇だと刀で切られたり怪我や病気になってもそのままにされ

衰退していき、さぞかし苦しいだろうなとこうゆう時考えます。





今回の私の状況はまだ歩けたので

「これはいけるんじゃないか?

とトイレで粘ってみました。



吐いても吐いても襲ってくる

感覚は時間が長く感じます。





いつもなんちは私の後ろをくっついて、トイレでもお風呂でも前で待っています。



ルカはマイペースです。



しかしこの時ばかりはなんちは一度も来てくれず、ルカが見にきては

顔をなめて戻り、また見にきては寄り添いとしてくれました。

「ルカちゃんって優しい~」

「ルカちゃんって頼もしい~」

と私も大褒めでした。



なんちは私に同調する性格なので

私が機嫌悪かったり、具合悪いと

警戒した態度をします。



「なんちは来てくれないの~?」と

叫んでも一度もきませんでした。



性格だと分かっていても

何かさみしかったです。



下痢というのは体内から悪い物をだそうと体が必死に闘った結果です。

体を守る為におきる当たり前の現象なのです。



動物でも下痢をすると慌ててしまう飼い主さんがいらっしゃいますが、

今お腹の中で病気と戦っています。



下痢の場合「何故この下痢がおきているか?」を見極めるのが大切です。



原因によってアプローチが変わりますので口聞けぬ動物達の動きを

よく見ていて獣医師さんに相談して下さい。









2014年9月 2日 (火)

同行避難

テレビをつけると「防災の日」で
関東大震災から90年がたつと
報道されています。

9月1日は小学校の頃避難訓練をしましたが、
現実の地震はそんな物ではなく
怖かったですよね。

3.11の時埼玉は震度5でしたので、
計画停電を体験しただけでした。

しかし私の姉の家は放射能をあび
住めなくなり、さいたまに避難してきましたし、スーパーアリーナは
避難所になり震災の現実を見ました。

今は法律が改正されましたが、
3.11の前はペットと避難する法律も
常識もありませんでした。

すなわち自立で同行避難する手段を
探さなければ一緒にいれなかったのです。

さいたまは町なので
人間の物資は一日我慢すればレスキューがきます。

むしろスーパーアリーナは集まりすぎて、中止していたぐらいでした。

しかしペットは人間の後なので
救いの手が来るまでタイムラグがおきます。

ペットを守る為の心得を考えておかないといけないなとつくづく思いました。

福島の方が避難する時に
ペットをおいてきてしまった方が
沢山いらっしゃいました。

「さいたままで連れてくれば愛護団体や奉仕活動に協力的な動物病院さんは助けてくれるのですよ」と言ったら「そんな事知らなかった」
とつぶやいていました。

避難する時に誘導する方が
混乱して「ペットは同行できません」とアナウンスしてしまえば
そう思ってしまうのです。

安全な地に辿りつき落ち着いて考えたら「ああすればよかったのか」と思う所が沢山あります。

現在ペットと同行避難が認められていても、現実に実行されていませんので実践がありません。

避難所は人間が生き延びるのに必死な状況であり、アレルギーの方も
います。
「ペットといたいなんて贅沢なのかも」「みんな我慢しているんだから
我慢しよう」
と思いつめ手放す事を選択された方も多くいらっしゃいました。


当店が東日本大震災の時に写真展をひらき、その寄付金は全て
「どうぶつ救済本部」に寄付させて頂きました。

活動内容はその団体それぞれ違いますが、こちらの団体は実績が
ありましたので選ばせて頂きました。

過去の災害のたびに対策がたてられ
ています。

法律も対策も現実が起き、それを改善すべき観点で変わっていきます。

東日本大震災の教訓が活かされた
内容になっていますので
ホームページを是非ご覧になり
「もしも」の備えの参考にして下さい。
どうぶつ救済本部 ホームページ

また「ペットと同行避難」の記事も
読んで見て下さい。

初のペット「同行避難訓練」

現実に起きた場合、混乱がおきますので知識が身を助けます。


1409654687532.jpg

1409654688242.jpg
3.11の時の写真です
ペットは入れませんでした

2014年9月 1日 (月)

シベリアンハスキー

皆さん誰しも自分の飼っている
種類が1番可愛いと思っているに
違いありません。

子供の運動会も発表会もカメラは
我が子にしか向いていませんし、
興味がない人の話など聞いていません。

ペットも同じ感覚なので種類別グッズが売れるのもその心理です。

プードル、ダックス、チワワ、柴犬は人気犬種なので何処を歩いていても出会えますし、
グッズも多いです。

飼い主さん同士話も盛り上がるし
羨ましいなと思います。

なんちは捨て犬だから定かでは
ありませんが多分シベリアンハスキーが入っています。

元々「動物のお医者さん」という
北海道大学の獣医学部を舞台にした
マンガにでてくる「チョビ」という
シベリアンハスキーが可愛くて、
ファンになりました。

チョビが飼い主に寄り添う姿と、何だかんだ言って飼い犬や教授にふりまわされている主人公に心を奪われました。

「いつか私もこんな風に犬が飼いたい!」と夢みてきた所に
愛護団体にお手伝いに行った時に
他の犬にウンチをつけられて
ショボくれていた、シベリアンハスキーもどきのなんちに出会いました。

それからやはりシベリアンハスキーに反応してしまいますね。

先日もシベリアンハスキーが歩いていたので慌てて後をつけていき、
写真を撮らせてもらいました。

感動してはしゃいでしまいましたが
その飼い主さんにしては突然後ろから私がやってきたのでビックリしていました。

一緒にいた友人が
「今の時代シベリアンハスキー飼ってる人も好きな人も少ないよね、、、」と冷めた感じでつぶやいていました。

ごもっともなご意見です。

今私が書いている文章もただの
親バカです。

職場を離れると一飼い主さんと
変わらないので許して下さい




ご対面〜



背中の毛質は似てる?



アップも可愛い



なんちの仔犬時代です。
なんちゃってハスキーなので
「なんち」なのです

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ