« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

初恋

ニュースを見ていたら
オーストリアの動物園で
パンダが産まれたとの事です。

パンダは実は私の初恋の動物なのです。

幼稚園の時に上野動物園にパンダがやってきて
テレビで流れた映像に釘付けになり、
「こんな可愛い物が存在するのか!」と心を奪われました。

イベントがあるたびにパンダのぬいぐるみを買ってもらい部屋はパンダだらけになりました。

全てのぬいぐるみの表情が違うので、全て名前をつけて話しかけ寝るのも一緒、旅行も一緒でした。

上野動物園に本物のパンダを見に連れて行ってくれた時、胸がときめいてしまいドキドキして興奮した記憶があります。

当時パンダブームだったので
動物園の「ファンファン」が死んだ時に追悼番組をやりました。

合唱団の子供達が追悼の歌を歌い、
それを聞きながら大泣きしてました。
そんな私を親戚中からかって
わざと歌ってました。

ちなみにうちの両親は動物が好きではありませんでした。

こんな子供が産まれてしまい
さぞかし不安を覚えたと思いますが、予想通り、動物と生活する娘になってしまいました。

初恋のパンダと一緒生活する夢はありえないですが、今はなんちとルカがいるから幸せです


1385768504223.jpg

2013年11月28日 (木)

買い物

買い物
買い物
私は買い物が好きです。

買い物といってもショッピングではありません。

食料品の安売りをしているスーパーに行く事です。

子供の頃から料理が好きで自転車に乗っては安い八百屋や肉屋を探して近所を巡回していました。

現在スタッフも増え、まかないを作っていますので物価を把握する事は大切です。

空いてる時間があるとスーパーに走ります。
最近安いスーパーが近所にまた出来てとても嬉しいです。


オススメのお店があったは是非教えて下さい。

参加しています

参加しています
この時期恒例の年賀状書きが
やってきました。
無事に年の終わりをむかえつつあり感謝しています。

空いている時間を見つけては
机に向かっています。

そんなみんなにつかさず参加しているなんちさんなのでありました。

ちょっと強引な位置ですが、、、

2013年11月24日 (日)

外来種

外来種
外来種
外来種とは
他地域から人為的に持ち込まれ
生態系に影響を与えることがある
生物の事です。

私はエキゾチックが好きで
アライグマを飼っていた事があり、
凶暴でしたし
病気も特殊で飼育が大変でした。
庭に池を作り水浴びができる二階建ての小屋を作りましたが、冬眠するので日本の気候にあわず腎不全を繰り返しました。

普通にペットショップで売っていて、「犬と同じですよ」と説明され
無知な子供でしたので買ってきてしまいました。

それでも私はアライグマみかんが可愛くて、最後まで一緒に生活してましたが、途中で飼いきれず
野に放してしまう問題がおき
テレビでアライグマが駆除される
ニュースが流れる映像をみて
落ち込みました。

勉強した今は
外来種のペットはもう飼わないです。

当店は海外に住んでいたお客様も
多く、各国の文化のお話を聞かせてくださり楽しくなります。

オーストラリアは外来種を持ち込まない様に入国審査がとても厳しく
荷物の隅々までチェックするそうです。
種や虫一匹でも見逃さない様に
徹底しているそうで、だからこそ
生態系が守れているんですね。

私はオーストラリアは行った事ありませんが、動物好きな方は
興味を持たれる国です。

ちなみに私はガラパゴスに行ってみたく、一度ツアーの申し込みを迷った時があります。

しかしうちに動物達がいるので
行けませんでしたが、、、

陸カメより我が子ですね

2013年11月22日 (金)

白蛇

白蛇
白蛇が夢にでてくると
金運に恵まれるといいつたえがあります。

私も昔夢に白蛇がでてきたら
次の日に祖母から
おこずかいをもらった事があり
嬉しかったです。

白蛇は数が少なくなり
今は天然記念物に指定されています。

先日展示された白蛇を見る機会がありましたので、沢山お祈りしてきました^_^

子供も産まれていて名前がついていました

2013年11月21日 (木)

散歩

散歩
散歩
お店が終わった後
なんちとルカと散歩に行きます。

二匹とも外でしかトイレをしないので
雨でも雪でも台風でも行きます。

親バカですが、
私によくなついてくれて
昼間はおとなしくしてくれます。

我慢してくれた分
夜の散歩は
時間をかけて
沢山遊んであげています。

私となんちとルカの
愛しい時間なので、
何処で遊んいるのか内緒です(^_^)

もし見かけたら声をかけて下さいね。

2013年11月18日 (月)

ハリネズミ

ハリネズミ
昔ハリネズミを飼っていました。

よくペットショップに遊びに行っていまして入荷した子が病気だったので私が買い取りました。

そんな経緯なので私との生活は治療から始まりました。

ハリネズミだっただけに、名前は「ハリー」だったのですが、自分の名前は認識していなかったと思います

ハリーは酷い皮膚病でした。

ハリネズミの場合、毛ではなく針が抜けます。
ハリがないハリーは可哀想だったので何とか治してあげたく色々調べました。

ペットショップでは「ドッグフードでいいよ」と言われましたが、
やはりハリネズミの体質を考えた
「ハリネズミフード」というのを探し取り寄せました。

レントゲンを撮る時には靴下に入れて撮影しました。
その画像がクリスマスプレゼントみたいみで面白いのです。

ハリネズミは敵から身を守る為に丸まります。

そうすると顔が見えません。

薬を塗られるのもハリネズミにしては「敵」です。
当然私が触ると丸まります。

そんな流れだったので、こっそりと隠れて見ないと顔を見る事が出来ませんでした。

しかし目がくりっとして顔は以外と可愛いくて、
ニヤニヤしながら観察してました。

夜中になるとワサワサ動きだし、以外に歩くスピードが早く水槽では物足りなさそうだったので衣装ケースに入れてました。

月日が経つと私がどうゆう存在かわかってきたみたいで、足音で反応する様になりました。
心が通じていたかは謎です(笑)

ハリネズミは難しそうな印象ですが、思ったより飼いやすいのでオススメですよ☻

2013年11月17日 (日)

アイソン彗星

12月上旬までアイソン彗星が見れます。
ニコニコ動画で鑑賞出来るそうです。


先日天文台で星を観察した時
あまりの綺麗でビックリしました。

日本で星が見れる名所はいくつかあります。
その場所は人気があるそうです。

しかし考えてみれば、地球は宇宙の中のたった一つの存在で
地球の何処からでも星は見れます。

「彗星タイム」を作ってみんなが一斉に電気を消せば
都市でも星がよく見えますよね。

日本はそうゆうイベントがないですよね。
非日常的な時間を持てるイベントがあればいいですね。

アイソン彗星
ニコニコ動画


1384694892509.jpg

1384694893144.jpg

2013年11月15日 (金)

ねぼけています

お昼寝をしていますが、私の動きが気になってうっすら目をあけます。

犬は敵から身を守る為に
ノンレム睡眠の周期が人間より短いです。

熟睡できなくて可哀想ですが、
いつもゴロゴロできて羨ましいなぁと見ています。

私も犬になって世界を見てみたいのですが、人間とは遺伝子からシステムが違うので同じ昼寝でも感じ方が
違うのでしょうね。


1384495998536.jpg

1384496001013.jpg

2013年11月14日 (木)

フィリピン台風被害

フィリピン台風被害
フィリピン台風被害

フィリピンで台風の被害があり、多くの被害がありました。

何と言っていいか言葉がありません。

水も食料も不足し、電気も通らず医療もままならない状態だそうです。

備蓄倉庫に人が殺到し死者がでたり、支援物資を運ぶトラックが襲撃され救援が滞っているそうです。

新聞やニュースのみの状況でも酷さが伝わってきます。

日本人は被災しても大人しく待っていて、大きな暴動がないと言われています。

海外からも「我慢強い人種」と評価されるそうです。

しかし人間は命に関わる事になると
そんなに冷静でいられるのでしょうか?

ペットもそうですが、我が子が病気になると、より治してくれる病院を探し回ります。

だからこそ私の所にも相談にこられます。

さいたまは病院の数が多いので飼い主さん達はとてもよく勉強してセカンドオピニオンやサードオピニオンをしています。

どんなに施設が立派な大学病院に行っても、適切な医療がうけられないと
「殺されちまうよ」なんてぼやきながら病院から逃げる人も多いですよね。

被災され、家も食べ物もなくても日本人が待てたのは「必ず助けがくる」と思えたからではないでしょうか?

それだけ日常の生活が安定していたのでしょう。
実際東日本大震災でさいたまが避難所になった時は
あっと言う間に物資が一杯になり
受け入れを中止していました。

フィリピンは遠くて義援金を送るしか出来ませんが、今この瞬間も恐怖を感じている人々が早く安定できる様になればいいと願います

2013年11月13日 (水)

紅葉 その2

紅葉 その2
紅葉 その2
紅葉 その2

紅葉

紅葉
紅葉
紅葉
寒くなり紅葉が始まりましたね。

葉の色が黄色から赤に変わり
衣替えしています。

その美しさに息をのまれてしまいます。

カメラを手にすると撮りたくなるので前に進みません(笑)

綺麗に撮れたのでちょっとご紹介します。

2013年11月12日 (火)

職業病



ハサミを持つ私達は腱鞘炎は職業病です。

年末のトリミングが混雑する時期は特に要注意です。

気温が寒いから筋肉が硬くなり余計ですね。

そうならない様に常に気をつけています。

同じ動きが長時間にならない様に作業の分担を満遍なくまわしたり、
道具を持つ時に手だけに負担がかからない様に姿勢や持ち方から教えています。

夢中になるとついつい体に力が入ってしまうのでスタッフにも私のカツが飛びます(笑)

このまま怪我がない様に今年を過ごしたいです☻

2013年11月 7日 (木)

宇宙へ

宇宙へ

若田光一さんが今日宇宙へ飛びたったニュースが流れました。

ノーベル賞もそうですが、
人類が宇宙に行き私達の生活にどう役立つのかピンとこないですね。

でもそうやって未知の分野を開拓する人がいるから文明は発達し、いつのまにか私の生活に溶け込むのでしょう。

私の様な凡人は溶け込んだ物がなくなってから「あれは必要な物だったんだ!!」と気がつくレベルです(笑)

ところで若田光一さんは
うちの近所の別所小学校出身です。

別所小学校の前を通ると壁に若田さんのイラストが書いてあります。

スタッフと「宮原の人はバンザイしてないね!」なんていいながらニュースを見てました。

私がいつも通る近所の道を若田さんは歩いて育っていたんですね。

私が空を見上げるとただの空ですが、
若田さんの目は外から空を見ていたんでしょうか?

宇宙に行って人類の役に立ちたいと
夢をもつ人は空の見方も違うんでしょう。

今宇宙から見る地球は想像した通りなのか気になります。
1383925564992.jpg

2013年11月 4日 (月)

見つめています

ここはルカちゃんのお気に入りの場所です。
ここから私を見るので私もルカちゃんを見ます。

目が合うとやっぱり虎に似ているなぁといつも思います。

そういえばルカちゃんはうちの来る前は「タイガー」と
呼ばれていました。

どちらでもいいですか、私の犬になってくれて嬉しいです


1383530908811.jpg

2013年11月 3日 (日)

地域猫

地域猫
私はエキゾチックを色々飼っていたので、猫だけは飼った事がありません。

本当は飼いたいのですが、、、

なので捨て猫を保護しては里親にだしたりしてました。

子供の頃は何も知識がなく
うちにやってくる猫に餌をあげて
外飼いみたいな感覚で
可愛がっていましたが、

実はそれは地域にご迷惑をおかけする行動にもなり
「地域猫」は社会問題となっています。

捨て猫はまず去勢、避妊をするべきだと、ボランティアをされている動物病院の先生方も多く、手術代を安くされて下さります。

手術をした子は耳をVにカットするという活動をしている方もいます。

この様な協力的な先生や保護活動をしている方が地域にはいらっしゃいますので、私の様に無知な子供には随分助けられました。

数日前ですが当店の前で猫がひかれていました。
残念な事に亡くなっていまして、
せめて車にひかれない様に
飼い主がいらっしゃるなら対面できる様にとタオルに包みこれ以上車にひかれない様な場所に移しました。

保健所に連絡するのは法律なのですが、私が飼い主なら寝ずに探しまわります。

車にひかれ、この世にいない事をわからないなら諦めがつかないで
毎日探すと思います。

最後せめて飼い主にあわせてあげたいです。

文明が開花して車が増え、町は賑やかになりました。
それが動物にとってどれだけ危険な事でしょう。

よく国道の脇に猫がいて激しい道を渡ろうとする姿を見ると切なくなります。

昨年私は高速を走っていて、交通事故にあいました。
目の前に黒い影が横切りよけきれませんでした。

警察の方がこの地区はタヌキや鹿がよくでて、車にぶつかってくるから
自分の命が大事ならそのままひくしかないんだよ!
あなたは動物の仕事をしているから
出来なかったんだね。
と言われました。

その時なんちもルカものっていて
レッカーがくる間、高速の脇にいました。
激しい車の音になんちもルカも震え、私も怖かったです。

地域猫や野生動物はいつもこんな恐怖を味わっていると考えさせられます。

2013年11月 1日 (金)

愛護団体


今日いつもお世話になっている
愛護団体「アニマルエイド」さんに
顔を出してきました。


当店は入社するとお手伝いの経験をさせてもらっています。

ペットショップや動物病院に連れていってもらっている子がいる一方で
飼い主もいない動物達が存在し、
それをボランティアが保護活動しないと命も維持出来ない現実と
その社会背景を学んで欲しい為です。

愛護団体さんには対して役にたっていないのですがいつも「ありがとう」と言ってくださり申し訳ない気持ちになります。

当店も保護したペットの里親になってくださりトリミングを利用して下さる方が沢山いらっしゃいます。

「自分の手に渡るまで色々な人が携わり、想いがこめられているから大事にしないといけない」
と飼い主さんが大事にされている姿を見ると学ばされます。

なんちも保健所から愛護団体に行き、パルボウイルスにかかり死に損ないましたが獣医さんに助けてもらい私の手元にきました。

動物病院から今晩が峠の時に電話があり、
「明日まで生きてないから、あなたは辛いから病院に来ないでいいから。埋葬はこちらでします」と言われた記憶があります。

僅か一日しか飼い主でいられなかった私への優しさでした。

そんななんちは朝起きたら起きあがって尻尾を振っていたそうです。

なんちも11歳になりました。
幸い歯がかけた以外病気はありません。
みんなの想いを背負って最後まで大事に育てます。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ