« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

タオル好き

タオル好き
タオル好き
ルカはタオルが好きで
洗濯物の山を見ると
飛び込みます。

タオルケットを見ると
上に乗り自分の
居心地の良い場所に
移動します。

この感触がお気に入りです。

2013年9月27日 (金)

マフラー

お子さまから手作りのマフラーをプレゼントして
もらいました。

感激です。

なんと手で編んだそうです。
一生懸命作ってくれた姿を
想像すると嬉しいですね。

さっそくなんちとルカにまいてみました。

似合いますか?


1380245849581.jpg


1380245850283.jpg

2013年9月24日 (火)

忠犬

忠犬
なんちを実家で留守番させたら私がでていった玄関をずっと眺めていた様です。

忠犬ハチ公といわんばかりの姿です。

2013年9月23日 (月)

展示会

展示会
年に2回
問屋さんの展示会に招待されます。

当店で販売している商品や
備品を扱っていて、実際手にとり各メーカーさんの説明を聞きながら買い付けをします。

お客様のニーズを頭に入れながらブースをまわり交渉します。

スタッフ達が入社当時は
私と一緒に行き
商品の見方や
交渉の仕方を体験して
いる程度ですが、
今はスタッフだけで行き
こなせる様になりました。

こうゆう時
メーカーさんときちんと交渉が出来るには
普段からお客様のお話を
しっかり聞く事が大事なのですが現実は
至らない事ばかりで日々勉強です。

2013年9月17日 (火)

年月

年月
私が独立して
全店舗も含め8年になります。

二度移転がありましたが、
当時からきて頂いているお客様と月日が流れた事を
話題にする事が多くなりました。

それに伴い、ペット達も歳をとってしまいました。

仔犬でわんぱくだった子達が今は落ちついて座って、顔も変わっています。

動物達がいなかったら
私自身経験出来なかった事ばかりで感謝の気持ちで一杯です。

2013年9月15日 (日)

魂が抜けています

魂が抜けています
魂が抜けています
魂が抜けています
外は大雨です。

雷もゴロゴロ鳴っています。
先日の夕立ちの時も
ルカは音にびっくりして階段から転んでしまいました。

音が嫌いななんちも
魂がぬけてしまっています

iPhone

iPhone
ちまたでは新形iPhoneの発売のニュースが流れています。

私もiPhoneなので気になります。

タブレットになり
あらゆる情報が持ち歩ける様になりました。

当店の機能もコンピュータ化されていて、効率がよくミスを防げます。

人間は便利さを手に入れました。

しかし
そんな一方動物達に与える影響が気になります。

電波が飛ぶ事により鳥の生態系が狂ったという説もあります。

鳥は動きを観測していればわかりますが、
実際動物達がどう感じているかわからないのです。

電柱の近くに住んでいると電磁波で頭痛がする人もいます。
動物達に苦痛はないのでしょうか?

文明の進歩により犠牲になっている事も忘れてはいけないですね。

2013年9月11日 (水)

騙されます

騙されます
騙されます
薬を飲む時
美味しい缶詰のご飯の
上にのっけてあげます。

簡単に騙されてしまう
なんちでありました。

2013年9月 7日 (土)

実家の庭の写真を撮ってみました。

今はトマトが実っています。

そんなお庭を眺めるルカちゃんをキャッチしました。


1378563101132.jpg

1378563102844.jpg

1378563103424.jpg

1378563103961.jpg

1378563104495.jpg

2013年9月 3日 (火)

竜巻

竜巻
災害の話題をしていた所でしたが、
朝起きたらテレビは竜巻のニュース一色でした。

更によく聞いてみると、埼玉の越谷で発生した様です。

こんな近くで惨事がおきるなんて愕然としました。

自然災害とは一瞬で全てを奪う恐ろしい物です。

現代は便利になり、風の音や雨の匂い、空の色をみて危険を察知する能力を失っています。

動物達の方が本能が残っていて敏感なんでしょう。

なんちもルカも風や雨の音は敏感で様子がかわります。

うちに惨事がおきたら教えてもらって一緒に逃げたいと思います。

今日の空はいつもと違く近くある様に見えました

防災の日


防災の日にちなみ
災害時のペットと同行避難のニュースが流れています。

東日本大震災がきっかけで変わりました。

法律や常識は緊急時に被災者さんがたくさんでて、改善され変わっていきます。

それは世の当たり前の流れでありますし、
医学の進歩も同じ理屈です。

しかし
当事者はそんな客観的な意見を言ってる場合ではなく、
「今この現状を何とかしろ」
という事が大事で現場では多くの涙が流れ、ボランティアさんが動きました。

私自身も原発事故で
多くのペットが犠牲になっていくのを目の前でみてしまい、いてもたってもいられない気持ちになりました。

ボランティアを通じ、被災者さんと仲良くなり、「色々あったけど前向きに捉えてこれからは私達が出会えた事に感謝しよう」

なんて話をしていた矢先「震災関連死」で失ってしまいました。

震災から二年ぐらいまでは悲しい事が多すぎて「何故こんな事がおきるのか?」という不条理しかなかった気がします。

でも今は
自分が生かされた意味が
わかり
辛い経験も前向きにかわっていくんだと思えます。

これからは災害がおきてもペットと避難する事が当たり前の世の中に変わっていきます。

でも、それにたどり着くまで沢山の涙が流された現実を忘れないで下さい。
1378249367310.jpg

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ