« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

ukcjapanさんの活動

動物愛護団体ukcjapanさんの活動ブログです。

地震直後から被災地に行き活動されていました。

チャリティー写真展の時にこちらの活動も紹介させていただこうかと思って

いたのですが、自分達の活動で手が一杯になってしまいました。

「現状を皆さまにお知らせください」と団体さまからお声を頂きましたので

紹介させていただきます。

私の経験上、動物の命は弱いです。

体が小さいですし、仔犬・老犬は対抗力もありません。

人間の時間の感覚で考えていたら命が尽きてしまいます。

命に関わる現場にいる人は目の前の命を助ける事に全力を注がないと

助ける事ができません。

「時間がない・・・」「一秒でも早く助けに行きたい」

しかし福島の問題は複雑化していてその行為すらはばかれ問題化しています。

今回の問題には一人でも多くの方の声が必要です。

どうぞ目を通してください。

ukcjapanさまのブログ

http://ameblo.jp/dog-rescue/entry-10831708134.html

2011年4月28日 (木)

福島のペット達


福島県が20キロ内立入禁止区域のペットの保護に入るニュースが流れました。

動物の救済に色々な団体や市民活動の要望があり、動きだした様です。

私達も地震直後、さいたまスーパーアリーナでペット達の現状を知りただ「助けたい」の一心でチャリティー写真展から活動をスタートしました。

若いスタッフ達も現実を知り涙を流し、今自分達が動かなかったらこの仕事を選んだ意味がない、何とかして助けたいと私に言ってきてくれました。

スタッフの純粋な涙を見た時に私はこの気持ちを裏切ってはいけないと、写真展に望みました。

まだ世の中は人間が優先でペットの話は取り上げられる量も少なく、まず現実を知ってもらう事を優先に考えました。

ペットを大事にしていて、自分の立場だったら見過ごせないと感じた人が集まれば、声が大きくなり世論を動かしてくれると思ったからです。

だから取材もうけました。

今回の事は自分の力だけではどうにもならない無力さを痛感しました。
でも少しでも多くの動物が助かり、飼い主さん達の涙が減る事を願っています。

助かった動物達の行き場や里親の問題がおきます。

問題を長い目でみていきたいと思います。

今回の事で若いスタッフ達も大きく成長しました。

応募してくれた皆さんありがとう。

2011年4月26日 (火)

ペットホテルのベッド

ペットホテルのベッド
ペットホテルのベッド
ペットホテルのベッド
前のペットが汚くなったので変えました。

フワフワで犬達が真っ先に飛び乗ります。

気持ちよさそうだな

2011年4月22日 (金)

原発避難区域の動物たち

今日から警戒区域になってしまいました。
避難区域の時は愛護団体がレスキューに入ってましたが、それも禁止されてしまうそうです。

環境庁に沢山の人が訴えていて対策を考えている噂はありますが…

悲しい現実のブログがありました。ちょっと辛すぎる写真もありますから見たくない方は辞めた方がいいかもしれません

http://ameblo.jp/nyanzlovelove/

2011年4月21日 (木)

ペット用検索サイト

迷ったペットを登録したり検索するシステムがあります。
もしもの時に知ったおくといいですね。

Google Animal Finder: 2011 東日本大震災

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110414_439672.html

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ