2017年5月15日 (月)

ある犬のおはなし

一冊の絵本をfacebookから知りました。

これを読んで号泣していたら、スタッフが突然泣いている私に何ごとかと思いビックリしていたのですが、この内容を話したらスタッフも泣いていました。

動物の命についてのお話です。

ある犬のおはなし

この飼い主さんは何故この犬を飼えなくなってしまったのでしょうか?

はじめは動物が好きでかわいくて飼った犬です。

しかし犬の寿命は平均12年。
その間人間の人生にも予想だもしない色々な事がおこります。

引っ越しした。
恋人ができた。
気の合う友達ができた。
結婚した。
子供ができた。
病気になった。

おのおのの理由で、ペットより興味が移り、優先順位が下がっていき、
はじめてペットを抱いて「かわいい!絶対欲しい!一生幸せにする」という想いより別の興味や事情の方が勝ってしまっているのです。

その結果、感覚は麻痺し命を奪う行為が平気でできる様になってしまいました。

しかしこの犬は飼い主さんを一心に愛し、信じています。
飼い主さんによって
命が奪われても、まだ飼い主さんを愛しています。

犬の純粋無垢な心は何よりも愛しく叶うものはないのですが、この飼い主さんにはもう響かなくなっています。

そして私がこの作者さんが凄いと思ったのは動物の気持ちを
的確に表現しています。

ペットは人間がいないと生きていけず、
「毎日側にいて頭をなでてくれる」「抱きしめてくれる」「散歩に行って草や土の匂いを嗅いだり、追いかけっこをしてくれる」「美味しい御飯を食べさせてくれる」
そして「離れ離れになっても必ず自分を迎えに来てくれる」

純粋にそれしか思っていません。
その行動に対し一生変わらず尻尾を振り喜んでくれます。

動物たちには人間社会の変化などわからないし、関係ないのです。

私たちは動物が好きでこの仕事をしています。
ですから沢山の動物が殺処分される現実は辛いですが、受けとめるしかありません。

しかし動物たちの声がここまで純粋に鮮明に表現されると、涙がとまりません。

毎日沢山のワンちゃん、猫ちゃんをおあずさせて頂いておりますが、どの子も飼い主さんがむかえにくると飛び上がって喜びます。

殆どの子が扉にピッタリとくっついて
遠い目をして飼い主さんを探しています。

あの姿を保健所の檻の中でしていて、やっと扉が開いたと思ったらガス室だったと思うと残酷すぎて
想像するだけで胃が痛くなります。

でもこれが日本の現実なんですよね。

本の中にでてくる言葉、、、

「あなたが教えてくれたタンポポの道」

人間にとってタンポポはただの小さな雑草ですが、犬の目線だととても大きな存在です。動く物が大好きな動物にとって風に乗って飛ぶタンポポは必ず目で追います。
タンポポも飼い主さんが自分に見せてくれたと思う程、人間を信頼していたのでしょう。

犬の目線、心にならないと書けない言葉が沢山でてきます。
それなだけに実在する犬が本の中から喋っている様で心に響き涙がでます。

読むだけで動物への愛情を感じ、「私は今やっている事は動物の為になっているのか?やるべき事できる事がもっとあるんじゃないか?」と一日中悩む程の衝撃でした。

皆さんはどう感じましたか?

Amazonで販売しています


2017年5月12日 (金)

公園

当店は目の前が公園なので、朝晩の散歩で利用させてもらいます。

毎日見る公園の中でもちょっとした変化を見つけ季節を感じます。












野花ですがお花が咲いています。
何処からか種が飛んできたのかな?

少し前の時期はタンポポやシロツメクサが咲いていました。タンポポはフワフワしてかわいいですよね。




空を見上げると眺めがいいです。

木はあおあおとして春を感じます。
夕方になると夕日も見えます。
空の色とにおいで季節がわかります。

自然を感じながら散歩ができるのは動物にとっても人間にとっても贅沢ですね

動物を飼うとお世話がありますから、規則正しい生活を余儀されます。
いない時は「自分の思うがままに遊んで帰宅時間も気にしなかった」という方がペットを飼い生活ががらりと変わり、「早く帰って散歩しないと!」ペット中心になったというお話をよく聞きます。

私もなんちが留守番が苦手なので、1秒でも早く帰ってあげようと駅からダッシュしていた時期もありましたが笑われたので辞めました。

「自由がなくなり遊び友達と疎遠になっちゃった!」と
いいながら公園に散歩にいくと、犬友達ができコミュニティーができ新しい価値観がうまれ幸せが増えるものです。

命あるたった一つのものを育てるのは子供と一緒で自分のやりたい事をペットに費やさないといけなくなります。
責任感を養うために子供の頃からあえてペットを飼い規則正しいお世話をさせる教育方法もあります。
誰かに言われてやるのではなく「この子のためにやってあげよう」と自発的な優しさから行動できる様になります。
毎日愛犬が横にいて公園を散歩をし、
いかなる時も飼い主さんを見ると尻尾を振って大喜びしてくれる姿は純粋で叶うものはありません。

ペットの力というのは本当に凄くて、人間社会のコミュニティーは年齢や趣味、立場によってグループができます。しかし犬をつれて散歩に行くと子供からご高齢の方までペットをとおして知り合えます。
ペットの話題がメインなので、職業や立場関係なく話が盛り上がります。

私もなんちとルカがいなかったら今の幸せは絶対になかったです。

こんなに幅広い方々が触れ合う公園はすごい場所ですね




2017年5月 8日 (月)

ゴールデンウィークが終わりました

ゴールデンウィークが終わりました。
沢山のお客様がご利用頂きありがとうございました。

昼間はいつもよりお店が騒がしく「ワンワン」と声が聞こえましたが夜になると物音一つしない静けさになりました。

私が動物行動学を勉強した時に「しかるのではなく、しからない状況の環境を作ってあげる」という育て方を習いました。
昼間沢山運動させ刺激を与えれば夜は疲れてぐっすり寝る。子供と同じですね。
寝てしまえば、飼い主さんがいない不安な夜も気にならず朝になります。

長年このお店をやらせて頂き、このお店のスタイルが習慣になったワンちゃんも多く、夜静かに寝ている動物たちをみると嬉しくなります。


当店のスタッフはホテルのお世話もトリミングも両方します。
ですのでお泊まりの頭数が多い日はトリミングの頭数を制限させて頂き、余裕を持ったお時間を頂戴しております。

1人をのぞき、スタッフは6年目になりました。
最後に入った1人も、トレーニング、トリミング両方勉強し、専門学校全生徒総合2位の成績で卒業してきた努力家です。
チームワークがかなり出来上がっていて、お昼休みも御飯を食べたらすぐに仕事に戻るのが、私がいわないのに習慣化しています。

「ちょっと休みなよ」と言っても「そんな暇はない」と返事がきてしまい、私が心配してしまうぐらいです。

仕事場でこれだけ動物たちと触れ合いながら家に帰ってたら自分たちのペットがいます。
スタッフ2人は通勤時間が1時間以上かかるのに、家に帰ったらまた自分のペットと遊んでいます。

「こんなに動物とずっといて楽しい?」と聞くと「楽しい」と返事がきます。

私は一回社会人になり別の職種を経験し動物業界にきました。


彼女たちは動物の専門学校をでて、ずっと動物といる生活。
当たり前ですが動物業界はおしゃれとは無縁の職種なのでいつも同じ服を着ています。お店と家を往復する生活。それでも毎日動物といられて楽しいとこたえるので、本当にこの子たちは適性があるのだなと思います。

動物に対する愛情と責任はずっと持っていなければいけないので私たちは初心を忘れず変わらぬ毎日を過ごしいきます。

本日からカレンダーは通常通りですが、今週末までトリミングの空きがございません。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、これからもよろしくお願いします。





パイナップルを買ってきたので、端っこを干してドライパイナップルにしてウサギのペッパーにあげます。



ブサガオルカちゃんです

2017年5月 1日 (月)

31

ゴールデンウイークがはじまりお店が混雑して申し訳ありません。

連休の長期戦に備え、安定したクオリティーを保つためスタッフの健康管理には一層気をつけています。

お昼御飯がずれこむ日もあるのですが、そんな私たちにささやかな楽しみは、、、



サーティワンアイスクリームです

29日から31%オフなのです

スタッフは忙しいので父が買いにいきます。
みんなの希望をきいて走る!!

しかし、、、


これはレギュラーサイズですね。
いつものスモールサイズより大きいです。
31%オフは値段ではなく量が増える結果になりました。
男の人に頼むとあるあるです。
特にうちの父は気にしない性格なのでよくある事です。

でも沢山食べれて幸せです。

おきまりのドライアイス

もくもく。なんちに見せてみました。

お湯をかけるといいよとアドバイスされ、、







アイスの方がいいみたいですね。



私も頂きます。



今日のお昼はタケノコ御飯でした。
しかしタケノコを持ってきてくれたスタッフは毎日家でタケノコ御飯なので違う物が食べたいと、つけ麺になりました。

タケノコ御飯、つけ麺、サーティワンアイス、
サラダ、唐揚げとかなりボリュームのあるお昼御飯になってしまいました。




2017年4月29日 (土)

天気がよいので

今日は天気がよく、ゴールデンウィークもはじまり皆様がウサギのペッパーにお会いできる様にお店先のケージに登場しました。





普段は奥にあるウサギ小屋で悠々自適な生活を送っています。人間のお布団が敷ける以上の大きさです。

外につながっていて、土も掘れます。




子供の頃から何羽もウサギを飼いましたが、ウサギは以外に凶暴で触ると噛んでくる子や大食漢で肥満になってしまうとペットショップで説明をうけていました。

しかし子供ながらにもし自分がウサギならこんな狭いところに閉じ込められたらイライラするだろうなと思いました。


犬や猫は運動不足が問題行動や肥満につながり、その対処法も確立されています。
しかしウサギだからと言ってケージにいれっぱなしがよいとは思いませんでした。

かと言ってエキゾチックアニマルの違いはストレスに弱く無駄に触ってはいけないところです。
ウサギ専門の獣医さんに診て頂くと、病院につれてくるのもウサギにはストレスだから弱っているときはつれてこないでください。と指示されるぐらいです。

この問題行動の原因は別のところにあるのかなと思いました。

なら、小屋を工夫しよう!
と考え、広い小屋の中にケージをいれて運動できる場所と住みかにできる場所をつくりました。
ウサギ本来の性質を活かしたい。
それがケイドックのウサギ小屋です。

このウサギ小屋はDYIが得意な父の手作りです。

ウサギは犬より走るのが速いのは知っていますか?
山で野うさぎにあうと車で追いかけても逃げてしまいます。

そう考えると運動不足にはさせたくないですね。

ペッパーにはそんなこだわりがあるので入口先のケージに登場するのは天気と時間の制限があります。

お店にきて、たまたまお会いできたらラッキーと思ってください。

申し訳ありませんがご協力よろしくお願いします。





ペッパーのためにパイナップルを買ってきて、ドライパイナップルを作りました。
ウサギにパイナップルは毛玉防止に役立ちます。

牧草が必須な草食動物ですが、何より体が小さくて弱いから無添加なものを食べさせたく自家製にしました。

2017年4月28日 (金)

春の味覚

毎年恒例ですが、スタッフの自宅でできたタケノコをもってきてくれました。



袋一杯のタケノコ、有難いです。

お母様が湯がいてくれました。

スタッフみんなでわけましたが、残りは水に浸して料理します。

タケノコ御飯は王道ですが、色々作ろうと考え中です。




毎日あっという間に時間は流れ気がついたらもう春ですね。

明日からゴールデンウィークですが、皆さん楽しんでください。


2017年4月22日 (土)

最高のプレゼント

今日一生に一度食べれるか、食べれないかというほどの最高のプレゼントを頂きました。

ありがとうございます


動物用の生肉です。

お肉屋さんがペット用に脂が少ない部位を厳選してくれたそうです。



タンや内臓をアレンジしたものです



さっそくいただきます。



「こんな美味しい物は食べた事ないー」と目がキラキラしています。

そしてこの方たちも、、、





ぱくり!



なんですかー!
こんな味食べた事ありませんよーー



食べ終わってもお皿をなめる程の魅力でした。

その後も匂いが残っているのかキッチンのまわりをウロウロしていました。

犬は野生時代生肉が主食でした。
遠く離れた場所でも餌のありかがわかり生き延びてきましたが、確かにただよう匂いが全然違います。

動物たちにとって一生に一度食べれるか食べれないかの最高のプレゼントでした。

ありがとうございました😃

2017年4月21日 (金)

お引越し

奥のウサギ小屋に住んでいるペッパーですが、春を感じてもらおうと日中数時間だけお店の前の小屋にお引越ししようかと思います。






ウサギ小屋の扉を開けると外にとびだして走り回るのがすきです。
穴を掘ったり日向ぼっこをします。









お引越しスペースを快適な空間にする為に改良中です。



以前はここに皆さんの愛犬のお写真をはらせて頂き、画廊のスペースにしました。

現在どうしようか悩み中です。

ケージにキャスターがついているので、気候によって移動しようかと思います。

2017年4月19日 (水)

いじけ虫

ふとみるとこんなところに、、、


どうしたらこうなれるのかしら、と更によくみると

中はこうなってるのね。


私と少し離れた場所でもいじけ虫

しかし耳はしっかりとたてまわりの様子をチェックしています

2017年4月17日 (月)

縁からの展覧会の様子

先月プラザノースで開催された、縁からの展覧会の様子を投稿しております。

お越しいただけなかった方も是非ご覧ください。

詳しくはこちらから

今回のイベントもjcomの取材が入る予定でしたが、当日ロケ車の車両事故のため現場に到着することができませんでした。
jcomさんは以前から好意にして頂き、震災の写真展の時からきてくださいます。

楽しみにしていて下さった方々には申し訳ありませんでしたが、またの企画にお願いしますね。

私は動物の仕事の前にカメラマンや制作の仕事をしていました。
ですのでメディアを通して表現することが慣れております。
この業界も体力勝負で体育会系並みの厳しさがあります。
朝はやくから夜中まで機材を持って走り回り、体調を壊して辞める方々が続出します。
私は元スポーツ選手だったのでできたことです。

動物の仕事をしてからは疎遠になっていましたが、今になり持っている技術を動物で活かせたらと思っています。

皆様が楽しんでもらえる事をこれからも取り入れていきたいと思います。





«新しい

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ